【新しい道が開けた⁉】Webライター文字単価0.02円20記事の案件を終わらしました。

f:id:keitoh0626:20191125012311j:plain


 

どうも、Keitoです。

 

 

なんと、やっと。

 

 

やっと、文字単価0.02円の20記事のプロジェクトWebライター案件が終了しました。笑

 

 

6月15日にこの案件を受けたのですが、11月24日に書き終え、だいたい5か月ほど要しました。

 

 

Webライターを目指した方は、クラウドソーシングサイトで、「高単価の案件がとれず、最初は実績を作るために低単価の案件に取り組まなければならない」なんてことはあるのではないでしょうか。

 

 

今回は、このランサーズでよく見る文字単価0.02円の20記事の案件を終わらせた感想と、新しい道が少し開けたので少し紹介したいと思います。

 

 

 

 

20記事終えてみての感想

 

20記事終わってみて、すごく達成感を感じています。

 

 

 

なんでもすぐ諦めてしまう自分に、少しは忍耐力が付いたのではないかと自負しています。

 

 

 

正直何も興味がなかった分野なので「自分何の記事書いてるんやろ。」って思いました。

 

 

 

何してんねやろ感が多くて何度も折れそうになりました。

 

 

 

なぜなら、一記事書くのにだいたい7時間ぐらい必要になり、それが20記事5000円なので、時給に換算すると、なんと

 

 

 

35円…

 

 

 

 

やってられか!!!!!!!!!

 

 

 

ブラック企業もええところではないでしょうか。笑

 

 

 

ですので、周りのライターさんは途中でやめられた方も何人もいました。

 

 

 

僕も何度かやめようと思いましたが、折れそうなところをなんとかクライアントさんに慰めていただき、なんとか20記事たどり着いたという感じですね。

 

 

 

本当に感謝しかないです。笑

 

 

案件終了するとクライアントさんからさらなる依頼が⁉

案件を終了させると、同時にクライアントさんから依頼を受けました。

 

 

最後の方結構頑張ったので、その頑張りがクライアントさんに認められたのではないかと思います。笑

 

 

とても端的にいうと、「アフィリエイトのメディアを一緒にもたないか?」という依頼を受けました。

 

 

 

そのメディアを僕とクライアントさんが管理していきます。

 

 

 

どんな商品をアフィリエイトするかは言えないのですが、自分も含めた他のライターと一緒に記事を書き、モノが売れれば報酬をいくらかもらえるというものです。

 

 

 

メディア管理を頻繁に行ったり、報酬は少ないかもしれないというデメリットは考えられますが、「記事の書き方」に加え、「収益方法」であったり「メディア管理の仕方」など学べるのではないかと思っています。

 

 

 

そんな簡単に上手くいくとは思わないですが、コツコツ地道にやっていればまた新たな道は開けてくる。

 

 

 

そう信じて、新しい依頼にも取り組んでいきます。

 

 

 

まとめ

ランサーズでよく見る文字単価0.02円20記事を終わらせたらどうなるかを紹介しました。

 

 

 

すごく達成感はあるのですが、まだまだ目標の月10万にはほど遠いので、こっからまた気を引き締めていきます。

 

 

 

最後までありがとうございました。