【されど日記で人生は変わる】日記を二週間続けた結果、起こった自分の変化。

f:id:keitoh0626:20191108190011j:plain

 

 

こんばんちはー、Keitoです。

 

 

ちょっと気分転換にブログテーマを「マテリアルぽっぷ」に変えてみました。

 

 

まあ、そんなことはさておき。

 

 

先日、この「されど、日記で人生が変わる」をレビューしました。

 

 

www.sciencedocter.com

 

日記に書く内容は、

 

  1. 夢・目標
  2. 今日やりたいこと
  3. 今日のできごと
  4. 今日の感謝
  5. 今日の学び・成功法則

 

をさっさと書くということです。

 

 

この本では、「とりあえず、二週間日記を続けてみよう!」ということが書かれていたので、とりあえず続けてみました。

 

 

そして、二週間書いてみて、自分に起こった変化を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

目標がより明確になった

 一番の変化は、「目標がより明確」になりました。

 

 

何となく、漠然とした目標を一週間くらい書き続けていると、より目標が明確になりました。

 

 

具体的にどんな感じかというと、「何日までにこれを終わらせる!これを終わらせれば、あれができるようになるから。」という風に、目標達成の道筋がよりはっきり見えた気がしました。(あれ、これをたくさん使いすぎてしまい、すみません。)

 

 

これは、目標や夢を毎日意識することで、「じゃあ、どうすれば実現可能になるのか」を考える時間が増えたからなのではないかと思います。

「どうすれば、夢が実現可能なのか」というのは、とても大事ですが、その道筋をたどるのはおろか、見つけるのも難しいと感じていたので、これはとても嬉しかったです。

 

 

書くことが一ページじゃ収まらなくなった

 

書くことが一ページに収まらなくなりました。

 

 

と言っても、ノートは縦、15センチ横10センチぐらいの小さなものなのですが。笑

 

 

自分の一日の出来事を振り返った時に、「今日は頑張った日だな」「今日は悔しかったな」など、一日に対して感じることが多くなりました。 

 

 

これは、良いことだと思っていて、日々自分が少しでも前に進んでいることが実感できるようになりました。

 

少しだけ気持ちが楽になった

 

ほんの少しだけ気持ちが楽になりました。

 

 

やるべきことがたくさんある中で、目標、今日やるべきことをしっかり書いているので、「今日は失敗して無駄にしてしまった。」と思うことがなくなりました。

 

 

「この失敗もやらなければ、わからなかった」と少しだけ物事を前向きにとらえられるようになりました。

 まとめ

今回は、「されど日記で人生は変わる」で紹介されていた日記の方法を2週間続けてみました。

 

 

本当に少しですが、自分の中で進歩がみられるようになりました。

 

 

「自分が何者かわからない」「自分が何がしたいのかわからない」という方は日記をかいてみてはどうでしょうか。

 

最後まで、ありがとうございました。