失敗している人を笑う人は嫌だな。

 

f:id:keitoh0626:20191009220832j:plain

 

今日、友達からこんな文がツイートされているのスクショして送られてきた。

 

 

博士学位申請締め切り目前の今、 研究科同級生の半数以上が未だ学位論文を出せていないという闇…だからD進はよく考えろとあれほど言ったのに..ワロタ…わろた…

 

 

という内容である。(D進学=博士課程進学)

 

 

前提として博士課程において学位を取るには、学位論文を投稿しなければいけない。

 

 

だが、この学位論文を投稿するのは、とても難しいのです。

 

 

みんな博士を取りたいから進んで挑戦したのだ。

 

 

そして、挑戦には失敗は当然つきものである。

 

 

そのことをわかっていないなと思った。

 

 

関係がないのに博士課程進学のことを笑うのは、本当は博士課程が欲しかったのだろうか。

 

 

もしそうならば、この人も博士が欲しいくせに、進学を恐れたものでしかないのに笑うのはおかしいな話である。

 

 

もしそうでもなかったら、余計おかしな話である。本当になんで笑っているのかわからない。

 

 

 

まあ、こんなこと考えているだけ時間の無駄なんですけどね。笑

 

 

 

 というふうに今日は憤ったことと、自分も論文投稿のために実験を頑張ろうと思った日であった。

 

 

失敗はのちのち大きな財産となりますし、これかも失敗を恐れず、たくさん挑戦していこうと思います。