はたらく細胞は生物の勉強になる?【勉強のとっかかりに効果あり】

生物基礎・生物の勉強法

 

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 「はたらく細胞」は生物基礎の勉強になる?
  • 免疫(生物基礎)のどの範囲まで網羅できているの?
  • ぼーっと見ていて覚えることができるの?

 

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 結論:「免疫」の勉強をするとっかかりに効果的です
  • 勉強のエンジンをかけるために使うことができる

 

本記事を書いた僕は、偏差値45の高校から偏差値55の公立大学(生命科学科)に合格することができました。

 

そこから、生物がさらに好きになり、現在は生命科学専攻(特に免疫分野)に大学院に在学しています。

 

そんな僕が、「はたらく細胞で生物基礎は勉強できるのか」について解説していきます。

 

結論:「免疫」の勉強をするとっかかりに効果的です

 

免疫の勉強のとっかかりに効果的です。

 

「はたらく細胞」を見ることで勉強している感がなく、楽しんで知識を深めることができます。

 

はたらく細胞について(軽く解説)

 

「はたらく細胞」は月間少年シリウス(講談社)で連載されている大人気の漫画です。

 

僕たちが起こっている体のなかで起こっている細胞のはたらきを擬人化して面白おかしく描かれてます。

 

主に登場する細胞は以下のとおりです。

 

  • 白血球
  • 赤血球
  • 血小板
  • キラーT細胞
  • マクロファージ
  • ヘルパーT細胞

 

これらの細胞の働きをわかりやすくアニメにされています。

 

Keito
Keito

ガン細胞と戦ったり、その際に必要な細胞が出てきたりして、割とすんなり理解することができます。

 

はたらく細胞で勉強できる範囲(生物基礎)

 

勉強できる範囲はざっくり言うと、以下のとおりです。

 

  • 血液の働き
  • 血液凝固
  • 免疫

 

特に「免疫」なんかはおすすめで、このアニメでとてもイメージが掴みやすくなると思います。

 

例えば、マクロファージやキラーT細胞、免疫グロブリンなど、どうやって働いているのかを、個性のあるキャラクターとともに、理解することができます。

 

楽しみながら勉強することができる

 

何事もそうですが、楽しんですると伸びやすいですよね。

 

「頑張るぞ!」という意気込みだと途中で疲れてしまいますが、楽しんでいるとほとんど永遠にできます。

 

東大生は勉強するときは、勉強している感を出さないように、暗記事項などはあえてベットに寝転がりながらしたりします。

 

「努力するものは楽しむものに勝てない」という言葉があるように、「頑張っている感」のある勉強じゃあ、学力はなかなか伸びづらいです。

 

「はたらく細胞」はアニメを見つつ、楽しみながら勉強するのはとても効果的だということですね。

 

ただし、ぼーっとみただけではテストで点数は取れない

 

当たり前ですが、ぼーっと見るだけでは免疫の分野を完全にマスターできるわけではありません。

 

「はたらく細胞」では、免疫の分野を面白おかしく描かれているだけで、しっかりと生物基礎と繋がるように落とし込む勉強する必要があります。

 

「好きなアニメやシーン」でも一回では覚えられませんよね。

 

好きなアニメも何回も見ることによって、セリフや行動を覚えることができます。

 

もちろん、免疫のなんとなくイメージや働きを理解することはできます。

 

ですが、ただぼーっと見ているだけじゃ暗記するのは難しいです。

 

点数を取るためには、しっかり生物基礎の問題集を使った勉強をすることが必要です。

 

勉強のエンジンをかけるのに使える

 

勉強のやる気がでないときに見て勉強するのが、「はたらく細胞」のおすすめの使い方です。

 

Keito
Keito

もちろん、普通に一気に見てもOKですよ。

 

具体的には、こんな感じです。

 

・あー今日やる気でないな…

・→とりあえず、はたらく細胞を見る(このとき机に向かう)

・→15分くらい見つつ、参考書・問題集をひらく

・→アニメを見ながら、問題を解く(問題は真剣に解こうとする)

・→アニメを見終わって、勉強100%の力で取りかかる

 

僕はやる気がでないときはこんな感じで始めています。

 

僕の場合、関係ないアニメですが「HUNTER×HUNTER」や「デスノート」をよく見ていますが。笑

 

勉強するときってやっぱり始めるときが、一番つらいと思います。

でも、途中でノッてくると、そのまま1時間ぐらい頑張れたりします。

 

はたらく細胞は普通に面白いので、楽しみつつ知識を付けることができますし、勉強のエンジンをかけるのに最適なアニメです。

 

ぜひ、一度試してみてください。

 

まとめ:楽しみながら勉強をしよう

 

今回は以上になります。

 

「はたらく細胞」を見るのは、楽しみながら知識を深めることができます。

好きなシーンだ何度見てもと飽きませんし、そこから知識を定着することができます。

 

楽しみながらすると学力は自ずと伸びてきますので、「はらたく細胞」はまさに免疫の範囲を理解するのに、最適なアニメだと言えるでしょう。

 

ぜひ、参考にして生物基礎の勉強ライフを楽しんでくださいね。

 

応援しています!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました