【生物基礎】ヘモグロビンの性質についてわかりやすく解説!

血液

 

悩んでいる人
悩んでいる人
  • ヘモグロビンの性質って何があるの?
  • ヘモグロビンが「酸素と解離する」とはどういうこと?
  • どうして、酸素が多いと酸素と結合しやすくなるの?

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • ヘモグロビンは「酸素との結合力が変わる」性質がある
  • ヘモグロビンの構造が変化し、結合力が変わる【発展】

 

この記事を書いた僕は、大学受験時代に生物を勉強しました。

 

受験時代に頑張って勉強し、偏差値45の高校から偏差値55の公立大学(生命科学科)に合格しています。

 

現在は、生命科学を専攻とした大学院(博士課程)に在学しています。

 

そんな僕が今回は「ヘモグロビンの性質」について解説していきます。

 

ヘモグロビンの性質は酸素との結合力

 

生物基礎で絶対押えておきたいヘモグロビンの性質は以下のとおりです。

 

  • 酸素が多い(酸素濃度が高い)環境では酸素と結合しやすく、酸素が少ない(酸素濃度の低い)環境では酸素と結合しにくい。
  • 二酸化炭素濃度が高くなると、酸素と結合する力が弱くなる。

 

 

2つ性質を示したけど、どちらも「酸素濃度で結合力が変わる」と言っているね。

 

ヘモグロビンは酸素を運搬している

 

肺から体全身に酸素を送るという「酸素の運搬」の役割があります。

 

ヘモグロビンの「酸素濃度の高い」肺で酸素と結合し、「酸素濃度の低い」組織(体全身)で、酸素を解離しています。

 

Keito
Keito

肺で酸素と結合し、組織で酸素を手放しているんだね。

 

 

 

酸素の運搬効率を高めている

 

ヘモグロビンが酸素が多いと酸素と結びつきます。

 

その理由は、「酸素の運搬する効率を上げている」ためです。

 

ヘモグロビンの上記のような性質があるため、酸素が効率良く運搬されています。

 

 

Keito
Keito

生物の体にはこんなにすごい技術が備わっているんだね。こういうことを知れるのが、生物の面白さだよ。

 

 

 

酸素と結合したヘモグロビンを酸素ヘモグロビンになる

 

酸素と結合しているヘモグロビンを「酸素ヘモグロビン」と呼びます。

 

ヘモグロビンは酸素と結合しているか、いないかで色が変わります。

 

  • ヘモグロビン→暗色色
  • 酸素ヘモグロビン→鮮紅色

 

 

Keito
Keito

動脈(肺から組織への血液)は鮮紅色で、静脈(組織から肺へ血液)は暗色色をしているよ。

 

 

ヘモグロビンの構造が変わり、酸素が結合しやすくなる【発展】

 

ヘモグロビン自体の構造が変わり、、酸素との結合力が変わっています。

 

Keito
Keito

発展的な内容だけど、知っておくと理解が深まるよ!

ヘモグロビンには4つ酸素が結合する箇所があります。

 

 

上の図のように、酸素が一つ付くと、他の酸素の結合する箇所の構造が変わります。

 

それによって、酸素が結合しやすくなったり、離れやすくなったりするわけですね。

 

まとめ

 

今回は以上となります。

 

ヘモグロビンの性質は、「酸素を効率的に運び込む」という生物の生命活動にとって重要な役割をしていましたね。

 

不思議な性質なだけに、感動すらありませんか?

 

そういう感動を大事にして、生物を勉強していくと知識も定着しやすくなります。

 

今後の生物基礎の勉強に活かしてくださいね。

 

テストで良い点が取れることを祈っています!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました