【生物基礎】肝臓の働きの覚え方・語呂合わせを紹介!

肝臓

 

悩んでいる人
悩んでいる人

生物基礎の「肝臓の働き」の簡単な覚え方を教えてほしい。覚えやすい語呂合わせなんかがあったらいいな。

 

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 【肝臓の働き】「逃げたセーター蹴った」で覚えられる!

 

本記事を書いた僕は、高校時代に生物を選択しました。受験時代に頑張って勉強して、偏差値45の高校から偏差値55ほどの地方公立大学(生命科学科)に現役合格しました。現在は、生命科学を専攻とした大学院(博士課程後期)に在学しています。

 

そんな僕が今回は、「肝臓の働きの語呂合わせ」についてご紹介致します。

 

【肝臓の働き】「逃げたセーター蹴った」で覚えられる!

 

肝臓の働きの語呂合わせは以下のとおり。

 

「にげたセーターけった」

 

「にげたセーターけった」に対応する語句は以下のとおり。

  • に:尿素の合成
  • げ:解毒作用
  • た:タンパク質の合成・分解
  • せ:赤血球の破壊
  • た:胆汁の生成
  • けっ:血糖濃度調節(ブドウ糖の貯蔵など)
  • た:体温の維持

 

これでひととおり覚えられるかなと。ぜひ、後は問題を解いて実際にアウトプットしていってください。

 

また、本ブログでは他にも語呂合わせや、覚え方も紹介してますので興味のある方は参考にしてみてください。

参考記事

 

今回はこれで以上となります。生物の勉強頑張ってください。応援しています!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました