Keito.blog

生命専攻(生物オタク)の大学院院生(博士課程進学中)がお届けする生物系が多めのブログです。

コナンの体が縮むしくみ【生命専攻院生がわかりやすく解説】

f:id:keitoh0626:20200118003936j:plain

 

  • コナンの体が縮むしくみを簡単に知りたい。

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • コナンの体の縮むしくみについて

 

現在、大学院で生命科学を専攻し、もろ分野でわかりやすく説明するので、生命科学を楽しんでもらうと幸いです。

 

また、不備などがあれば、ご指摘いただけると助かります。

 

コナンの体が縮むしくみ

f:id:keitoh0626:20200118003938j:plain

 

まず、幼児化した薬、アポトキシン4869の効用について確認します。

 

アポトキシン(APTX)4869について

 

灰原(幼児化した少女)が以下のようなことを言ってますね。

 

「この薬はアポトーシスを誘導するだけでなく、テロメアーゼ活性も持っていて細胞の増殖能力を高める。」

 

ここで、難しい単語が出てきましたね。

 

「アポトーシスを誘導?」「テロメアーゼ活性を持つ?」だと思います。

 

この二つがわかれば簡単に理解できるので、まずその前提知識をわかりやすく解説しますね。

 

  • アポトーシス
  • テロメアーゼ活性

 

それぞれについて深堀します。

アポトーシスについて

 

アポトーシスは、簡単に言うと「細胞の自殺」です。

 

どんな時に「細胞の自殺」を使うのかというと以下のとき。

 

ウイルスに感染したとき(アポトーシスが必要)

 

 f:id:keitoh0626:20200118000618p:plain



 

これは、アポトーシスの一例なのですが、普段はダメ(正常に機能しない)になった細胞をアポトーシスによって自滅させて、正常な細胞だけにしています。

 

作中では、この「細胞の自殺」を故意的に(する必要がないのに)起こさせ、体を小さくなているのです。

 

 

ちなみに、このアポトーシスがきちんとされないとダメな細胞が増えしまい、これがガンと呼ばれたりしています。

 

テロメアーゼ活性について

 

テロメアーゼ活性は、細胞が分裂できる寿命を延ばすために使われています。

 

テロメアーゼ活性を理解するには、テロメアとテロメアーゼの関係についてわかる必要があります。

 

テロメアとは

 

細胞には「もうこれ以上分裂できない」という寿命があります。その寿命の長さがテロメアの長さによって決められます。

(下の図を見てもらえればわかると思います。)

 

f:id:keitoh0626:20200118142900p:plain

 

 

テロメアが短くなって分裂ができなくなると細胞が新しくなれないので、これが「老化」になります。

 

テロメアーゼとは

 

しかし、この短くなったテロメアは、「テロメアーゼ」によって伸ばすことができます。

 

イメージは以下の図のとおり。

 

f:id:keitoh0626:20200118142657p:plain

 

細胞にはテロメアーゼがあるのですが、実はあまり働きが良くありません。

 

働きすぎるのも良くなく、実はガン細胞では「テロメアーゼ」が活発に働いています。

 

もし、アポトキシン4869にテロメアーゼ活性がなければテロメアは短いままになります。

 

 

  • テロメアーゼの働きがない
  • →テロメアが伸びない
  • →寿命は延びない

 

 

図で書くとこんな感じ。

 

 

f:id:keitoh0626:20200118002452p:plain

 

 

つまり、コナンが高校生になったときにアラサーの皮膚の持ち主になります。すぐに老化が起きるということですね。

 

 

だから、テロメアーゼの働きを増加させて細胞が分裂できる寿命も延ばし、老化を防ぐ効果を持たせているということですね。

 

  • テロメアーゼの働きを増やす
  • →テロメアが伸びる
  • →寿命が延びる

 

図で書くと以下のような感じ。

 

f:id:keitoh0626:20200118002456p:plain

 

このように、アポトーシスとテロメアーゼ活性を上手く組み合わせることによって、コナンは小さくなることができたんです。

 

 

なんて、すごい薬。笑

 

もちろん、大人になるにつれてこのテロメアーゼの活性化は弱まってくる設定だと思います。

 

もし、弱らなければコナンは、一生細胞分裂ができて老化せずに不死身ということになりますからね。笑

 

コナンと灰原は強運の持ち主

f:id:keitoh0626:20200118003943j:plain

 

コナンと灰原は強運の持ち主ですね。

 

というのも、アポトーシスの誘導とテロメアーゼの働きがバランスよく調節されなければいけません。

 

アポトーシスの誘導が起こりすぎたり、また、テロメアーゼの働きが強すぎたりしても良くないです。

 

バランスが崩れてしまえば間違いなく「死」ですね。

 

作品中でもほとんどの人が亡くなっていると思います。

 

若返る薬を作るのは難しいと思います。 

 

 

U-NEXTならコナンのアニメ動画が見放題▼

今すぐコナンのアニメを見る!

U-NEXTは31日以内に解約すれば一切お金はかからないです!

まとめ:もしアポトキシン(APTX)4869があれば使いたい?

 

ぼくは、もし、若返る薬があっても使わないかもです。

 

「ゲーム、勉強最強で、スクールカーストで上位になれる」「話が合わない」「住民票等の手続きが面倒」。

 

色々あるかもしれません。

 

 まぁ、そんなことよりこんな薬があれば大革命なのですが。

 

少しでも生命科学を楽しんでいただければ嬉しいです。

 

というわけで今回は以上です。