【簡単】酸素解離曲線とは?わかりやすく解説!【生物基礎】

酸素解離曲線

 

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 酸素解離曲線がなんだかわからない。
  • 酸素解離曲線ってどうやって読むの?
  • 酸素解離曲線のポイントを教えてほしい。
  • 酸素解離曲線の計算問題ってどうやって解くの?

 

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 酸素解離曲線とは
  • 酸素解離曲線のグラフは2箇所を読み取ろう
  • 酸素解離曲線の押さえておくべきポイント

 

本記事を書いた僕は、高校時代に生物を選択して大学受験をしました。

 

偏差値45の高校から勉強して、偏差値55の公立大学(生命科学科)に合格することができました。

 

現在は、生物がさらに好きになり、生命科学を専攻とした大学院(博士課程)に在籍しています。

 

今回はそんな僕が「酸素解離曲線」についてわかりやすく解説していきますね。

 

酸素解離曲線とは

 

酸素解離曲線とは、酸素濃度と酸素ヘモグロビンの割合の関係を示すグラフのことです。

 

酸素ヘモグロビンの割合が酸素濃度によってどのように変化するのかを表したグラフです。。

 

 

ヘモグロビンの性質上、通常はゆるやかなS字型になります。

 

酸素解離曲線はなぜS字?【結論:結合のしやすさが変わるからです】
「酸素解離曲線はなんでS字型になるの?」とお悩みではありませんか?比例ではなく、どういう原理で曲線状の上がり方になるのか学校の教科書だけではよくわかりませんよね。本記事では、酸素解離曲線がS字になる理由についてわかりやすく解説します。

 

さらに酸素ヘモグロビンは、二酸化炭素濃度によってても酸素との結合のしやすさが変化します。

 

なので、教科書で載っている酸素解離曲線のグラフは2本書かれています。

 

二酸化炭素濃度の「高いとき」と「低い」ときのグラフが示されていますよね。

 

酸素解離曲線がなぜこのような特徴があるのかは以下の記事で詳しく解説しています。

 

酸素解離曲線はなぜ2本?【結論:ヘモグロビンの性質を示してます】
「酸素解離曲線がなんで2本あるのかわからない。」とお悩みではありませんか?理解したつもりなのに、いざ問題を解いてみると何を示しているのかわからなくなることがありますよね。本記事では「酸素解離曲線はなぜ2本あるのか」について解説していきます。

 

酸素解離曲線は2箇所を読み取ろう

 

酸素解離曲線では、「肺胞」から「組織」までの酸素供給量を読み取ります。

 

基本的に読み取る箇所は以下の二つです。

 

  • 「肺胞」の曲線:酸素濃度が高いところ
  • 「組織」の曲線:酸素濃度が低いところ

 

この2箇所の酸素ヘモグロビンの割合が読み取ることができれば、OKです。

 

グラフでいうと黄色い破線の丸印のところ。

 

 

それ以外はほとんど読み取る必要はありません。

理由は、実際の体の中ではその2箇所しか存在しないからです。

 

例えば、「組織」で酸素濃度の高いところなんてありませんよね。

 

実際に起こりえないことはテストでは問題になりにくいので、お伝えした2箇所だけで十分です。

 

酸素解離曲線の読み方についてはこちらで詳しく解説しています。

 

酸素解離曲線の読み方を解説!【目的は運ばれる酸素の読み取りです】
「酸素解離曲線の読み方がわからない。」とお悩みではありませんか?曲線が二つあって、結局どこを見たら良いのか、どうやって読んだら良いのかわかりませんよね。本記事では「酸素解離曲線の読み方」を実際のグラフを使ってわかりやすく解説します。

 

酸素解離曲線の押さえておくべきポイント

 

酸素解離曲線のポイントは以下のとおりです。

 

  • ヘモグロビンの性質
  • どこでのグラフ(酸素解離曲線)を示しているのか
  • 運び込む酸素の供給量の計算の仕方

 

それぞれについて解説します。

 

ヘモグロビンの性質

 

ヘモグロビンには以下のような性質があります。

  • 酸素濃度が高い環境では酸素と結合しやすく、酸素濃度が低い環境では酸素と結合しにくい
  • 二酸化炭素濃度が高くなると、酸素と結合する力が弱くなる

 

この二つの性質によって、効率よく酸素が運ばれています。

 

【生物基礎】ヘモグロビンの性質についてわかりやすく解説!
「ヘモグロビンの性質って何があるの?ヘモグロビンが酸素と解離ってどういうこと?」とお悩みではありませんか?ヘモグロビンの性質は特殊なだけにイメージが掴みにくいですよね。本記事では「ヘモグロビンの性質」について解説しています。

 

どこでのグラフ(酸素解離曲線)を示しているのか

 

たいていの場合、酸素解離曲線は「肺胞」と「組織」2本あります。

 

どちらが、「肺胞」のグラフか、「組織」のグラフか瞬時に見分けられるようにしておきましょう。

 

見分けるポイントは以下のとおりです。

 

  • 二酸化炭素濃度が低い→「肺胞」の酸素解離曲線
  • 二酸化炭素濃度が高い→「組織」の酸素解離曲線

 

反射的に分かるようにしておくと、問題も解きやすくなります。

 

酸素解離曲線の問題の解き方

 

最後は酸素解離曲線の問題「肺胞」から「組織」に運び込まれた酸素の量が設問で聞かれます。

 

いきなりですが、以下の問題を解くことができるでしょうか。

 

肺胞での酸素濃度を100、二酸化炭素濃度40とし、組織での酸素濃度を30、二酸化炭素濃度を70とする。このとき、「肺胞」から「組織」に供給された酸素の量は何%か。

 

 

 

 

ちなみに答えは67%になります。

 

計算の仕方についてはこちらで詳しく解説しています。

 

酸素解離曲線を解き方を解説!【基本の計算問題はこれでOK】
「酸素解離曲線の問題の解き方がわからない」とお悩みではありませんか?酸素解離曲線はの問題は読み取るのが難しく、なかなかごちゃごちゃしてわかりにくいですよね。本記事では酸素解離曲線の計算問題が得意になるようにわかりやすく解説します。

 

まとめ

 

今回は以上となります。酸素解離曲線について網羅的に解説しました。

 

酸素解離曲線は一度、マスターできれば怖くありません。ぜひ、これを機会に完璧にしてくださいね。

 

結局何を覚えたらいいのかわからないという方はこちらの記事をご覧ください。

 

生物の受験勉強でお役に立てれば幸いです。

 

応援しています!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました