酸素解離曲線の覚え方ついて解説!【覚えるべきポイントは3つです】

酸素解離曲線

 

悩んでいる人
悩んでいる人
  • 酸素解離曲線の覚え方がわからない。
  • 酸素解離曲線のポイントを教えてほしい。

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 酸素解離曲線の覚えるべきポイント3つ

 

僕は昔、生物を選択したにも関わらず生物が苦手でした。

 

でも受験勉強のときに頑張って勉強して、偏差値45の高校から偏差値55の公立大学(生命科学科)に合格することができました。

 

今では生物が大好きすぎて生物を専攻とした大学院に通っています。

 

今回はそんな僕が「酸素解離曲線の覚え方」について紹介しますね。

 

 

酸素解離曲線の覚えるべきポイント3つ

 

酸素解離曲線の覚えるべきポイントは以下の3つです。

 

  • 「酸素解離曲線」グラフの特徴
  • どこでの酸素解離曲線を示しているグラフなのか
  • 運び込んだ酸素の割合の計算の仕方

 

それぞれについて深堀りしますね。

 

「酸素解離曲線」グラフの特徴

 

まずは、グラフを見て「酸素解離曲線」ということがわかるようにしましょう。

 

そして、酸素解離曲線のグラフの押さえるべき特徴は以下の部分です。

 

  • S字型のグラフであること
  • Y軸が「酸素ヘモグロビンの割合」、X軸が「酸素濃度」を表していること

 

グラフの特徴は問題で問われることがあるのしっかりと覚えておきましょう。

 

酸素解離曲線はなぜS字?【結論:結合のしやすさが変わるからです】
「酸素解離曲線はなんでS字型になるの?」とお悩みではありませんか?比例ではなく、どういう原理で曲線状の上がり方になるのか学校の教科書だけではよくわかりませんよね。本記事では、酸素解離曲線がS字になる理由についてわかりやすく解説します。

 

どこでの酸素解離曲線を示しているグラフなのか

 

問題や教科書に載っている図では必ず、二本のグラフが書かれています。

 

それぞれのグラフが、どこの場所の酸素解離曲線なのかをわかるようにしましょう。

 

つまり、以下のことを押さえておきます。

 

  • 二酸化炭素(CO2)濃度が低いとき→肺(肺胞)での酸素解離曲線
  • 二酸化炭素(CO2)濃度が高いとき→組織での酸素解離曲線

 

グラフで書かれているCO2濃度の値を見て、どこの場所の酸素解離曲線かをわかるようにしましょう。

 

詳しい酸素解離曲線の読み方についてはこちらで解説していますので、よかったら参考にしてください。

 

酸素解離曲線はなぜ2本?【結論:ヘモグロビンの性質を示してます】
「酸素解離曲線がなんで2本あるのかわからない。」とお悩みではありませんか?理解したつもりなのに、いざ問題を解いてみると何を示しているのかわからなくなることがありますよね。本記事では「酸素解離曲線はなぜ2本あるのか」について解説していきます。

 

酸素解離曲線の読み方を解説!【目的は運ばれる酸素の読み取りです】
「酸素解離曲線の読み方がわからない。」とお悩みではありませんか?曲線が二つあって、結局どこを見たら良いのか、どうやって読んだら良いのかわかりませんよね。本記事では「酸素解離曲線の読み方」を実際のグラフを使ってわかりやすく解説します。

 

運び込んだ酸素の割合の計算の仕方

 

最後は運び込んだ酸素の割合の計算の仕方です。

 

計算の仕方は以下のとおり。

 

(運び込んだ酸素)=「の酸素ヘモグロビン(%)」ー「組織での酸素ヘモグロビン(%)」

 

わかりやすく図で表すと以下のとおりです。

 

 

 

ポイントは、しっかりとどこの場所での酸素解離曲線かを見極め、酸素ヘモグロビンの割合の差で、運び込んだ酸素の量を求めます。

 

こちらでは、「酸素解離曲線の基本的な計算問題」について解説しています。

 

「酸素解離曲線の計算問題がわからない」「酸素解離曲線の理解を深めたい」という方は是非どうぞ。

 

酸素解離曲線を解き方を解説!【基本の計算問題はこれでOK】
「酸素解離曲線の問題の解き方がわからない」とお悩みではありませんか?酸素解離曲線はの問題は読み取るのが難しく、なかなかごちゃごちゃしてわかりにくいですよね。本記事では酸素解離曲線の計算問題が得意になるようにわかりやすく解説します。

 

 

まとめ

 

というわけで今回は以上です。

 

今回は「酸素解離曲線の覚え方」について紹介しました。

 

2本のグラフがあったり、少しややこしいところもありますが、グラフの読み方さえわかれば問題はありません。

 

ぜひ、今回ご紹介した「酸素解離曲線のポイント」は押さえておきましょう。

 

→酸素解離曲線について網羅的に知りたい方はコチラ

 

忘れたときは、何度も戻ってきて今後の受験勉強に役立ててくださいね。

 

最後までありがとうございまいした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました