【失敗談あり】生物・生物基礎のノートの作り方・まとめ方【1からまとめるのはNG】

生物基礎・生物の勉強法

 

悩んでいる人
悩んでいる人

生物基礎のノートの作り方が良く分からない。

生物基礎にあまり時間を取りたくないから、効率的なノートの取り方を教えてほしい。

 

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 生物基礎のノートを1からまとめていくのはNGです
  • 問題を解いていき、何度も間違えたところをまとめる

 

この記事を書いた僕は大学受験のときに、生物を独学で勉強しました。受験時代のときに頑張って勉強して、偏差値45の高校から偏差値55の公立大学(生命科学科)に現役合格することができました。

 

今回は、僕の受験時代の失敗談も踏まえて、生物基礎のノート作りについて解説します。

生物基礎のノートを1からまとめていくのはNGです

 

生物の勉強ありがちですが、ノートを1からまとめていくのはNGです。

 

というのも、まとめるのに時間がかかるし、まとめたとしても完璧に覚えられるとは限らないからです。

 

僕の生物を勉強始めたてのころ【失敗談】

 

僕も受験時代に、生物の教科書を1から(細胞小器官ぐらい)から、ノートに図と用語の説明を書いていました。

 

先生から「生物は図と用語をセットでまとめると覚えられるぞ!」と言われたので、そのように勉強を進めていました。

 

しかし、模試や定期テストではなかなか高得点が取れず、偏差値もずっと低いままでした。

 

そのときに僕は確信しました。

 

「生物をノートにまとめるのは意味ないな…完全に覚えられるわけでもないし….」

 

考えてみると、ノートに図を書いて一発で覚えられるのであれば良いですが、大半は教科書にまとめてあるのをノートにもう一度まとめ直す作業になるので、時間の無駄になりますよね。

 

なので、ノート作りをする場合は、別に1からまとめることはやめておきましょう。

 

とりあえずインプットするのに、雑にノートに書くのは効果ありかも

 

これは僕の経験談なのですが、一度雑に書いて知識を理解していくのは、頭にスーッと内容が入ってくるかもしれません。

 

丁寧にまとめてしまうと、時間がかかって、問題を解く練習をする時間がなくなってしまうので、ルーズリーフなどに雑に書きなぐって、頭にインプットしていくのは効率的な勉強方法かなと思えます。

 

あくまで僕の個人的なことなので、参考に試してみてもいいかもです。

 

一度、整理したい方は整理ノート系がおすすめ

 

それでも一度書かないと気が済まないんだという方は、整理ノート系だと効率的にまとめて、勉強をすすめることができます。

 

おすすめは下記の1冊です。

 

生物基礎の必修整理ノート(料金:990円)


基礎知識がコンパクトにまとまっていて、これを覚えるだけでかなりの知識が網羅されています。

 

厚さは5㎜程の教材なのですが、いきなり分厚いのから始めると、挫折しやすいので、まずはこの薄い教材から固めていくことのがいいと思います。

 

図がたくさんにのっているので、効率的に覚えることができます。

 

用語を覚えながら図を確認することができるという優れもので、勉強の初期に使うのもありです。

 

問題を解きつつ、何度も間違えたところをまとめる

 

問題を解きつつ、なかなか覚えられないところや、苦手なところは重点的にノートにまとめるのはありです。

 

まずは用語をインプット→そして問題演習

 

まずは、教科書や参考書で生物基礎の用語をインプット。そして、問題演習をして、問題の形式に慣れつつ、たくさん間違えましょう。

 

大切なことは、定期テストや実際の試験で正解することなので、自分で問題を解くときは知識があやふやのままでも大丈夫です。

 

部活の練習とかでも一緒ですよね、練習しているときはたくさん間違えたほうが、本番の試合で良い結果が出ることの方が多い気がします。

 

なので、教科書や参考書の内容を読んで、問題を解いてアウトプットしながら覚えてきましょう。

 

生物基礎の内容がよくわからないのであればオンライン講座を受けよう

 

正直、学校の授業は分かりづらく、教科書や参考書を読んでも面白くないですよね。(←僕がそうでした。笑)

 

学校の授業を受けたり、教科書や参考書を読んだり、問題を解いても生物基礎の内容がよく分からない方は、手っ取り早く、受験生に人気の通信教育講座を受けちゃいましょう。

 

やっぱり、受験生に人気なだけにわかりやすくかなり質が高いです。

 

今はどこでも良質な授業をオンラインで受けられるのはとてもうらやましいですね。しかも、僕のときよりも低下価格で。(笑)

 

おすすめのオンライン講座・通信講座は以下のとおりになります。

  • 学研プライムゼミ※無料お試しで1講座受けられる(1講座5400円~)
  • スタディサプリ※2週間無料で講座を受けられる(月額1980円~)
  • Z会※どんな感じか無料で資料請求できる(1講座当たり3500~5000円程度)

 

オンライン授業はとてもわかりやすく、受験生に人気な講師が授業をしてくれます。どれも無料で体験できるので、自分に合うか一度試してみるのも良いでしょう。

 

そして、インプットした後は、問題を解いて、たくさん間違えていきましょう。

 

何度も間違えるところは重点的にまとめる

 

問題演習で何度も間違えたり、自分が苦手意識があるところはゆっくり時間をかけてノートにまとめていきましょう。

 

時間が限られているなかで、これが一番効率の良い勉強法かなと。

 

ただ闇雲にノートを作っていくのではなく、自分の苦手なところを洗い出し、無駄なく勉強を進められると思います。

 

生物基礎の詳しい勉強の仕方については【独学で高校生物をマスター】勉強方法のまとめ【初学者向け】で解説していますので、よかったらご覧ください。

 

まとめ:自分の効率的な勉強法を確立しよう

 

というわけで今回は以上です。

 

生物基礎のノートづくりについて解説しましたが、最終的には自分にあった勉強方をみつけるのが一番かなと思います。

 

ネタバレになってしまいますが、国公立大学に受かったからといって人生の勝ち組になるというわけではありません。

 

しかし、国公立大学に行った人はほとんどの場合勝ち組になるケースが高いと思います。

 

理由は、人生において「学び」というのは常に行うもので、受験期につちかった勉強法は、これから将来の「学び方や姿勢」に使うことができるからです。

 

人生において、学んで学んで学びくるった人が自分の欲しいものを手にしている気がします。

 

僕も、受験時代に勉強でしんどいときがありましたが、頑張ってよかったなと心から思っています。

 

なので、貴重な受験期にはさまざまな科目を通してその学び方を習得してください。

 

最後は、少し話がそれてしまいましたが、ぜひ参考にしてみてください。応援していますよ!

 

生物を学べる通信教育講座【無料体験あり】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました