【生物基礎】生体防御とは?【3段階あります】

免疫

 

悩んでいる人
悩んでいる人

生体防御ってなに?どんな種類があるの?

こんな疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 生体防御とは【3段階ある】
  • 生体防御で重要なポイント【3つ】

 

本記事を書いた僕は高校時代から生物を勉強して9年ほど。偏差値55ほどの公立大学(生命科学科)に合格・卒業しました。現在は免疫を専攻とした大学院(博士課程)に在学しています。

 

本記事では、生物基礎で出てくる「生体防御」についてわかりやすく解説していきます。

生体防御とは【3段階ある】

 

生体防御とは「病原体の侵入阻止と、排除する仕組み」のことを言います。以下の図のように3段階から成ります。

 

 

  • 第一段階:異物の侵入阻止バリア
  • 第二段階:自然免疫
  • 第三段階:獲得免疫

 

侵入阻止バリアには3種類のバリアがある

 

生体防御の第一段階目に分類される「異物侵入阻止バリア」には以下の3種類の防御があります。

 

  • 物理的防御
  • 化学的防御
  • 生物的防御

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

物理的防御

皮膚や粘膜が障壁となり、異物の侵入を阻止している。皮膚の表面は死んだ細胞とケラチンからなる角質層に守られている。また、気管・気管支・などは粘膜によって覆われている。

 

化学的防御

汗、涙、だ液などに含まれるリゾチームと呼ばれる酵素が含まれていて、この酵素によって細菌の細胞壁を分解される。

 

生物的防御

皮膚や腸の中にはもともと常在菌が生息している。この常在菌は生息する部位によってその種類は一定で、均衡が保たれている。これにより、常在菌以外の細菌は侵入が妨げられる。

 

第二段階と第三段階は「免疫」に分類される

 

生体防御の第二段階と第三段階は「免疫」に分類されます。文字通り、第二段階の「自然免疫」と第三段階の「獲得免疫」には“免疫”という文字が入っていますよね。

 

これらの免疫には「白血球」が関わり、主に以下の細胞が働きます。

 

  • 食細胞
  • リンパ球

 

自然免疫と獲得免疫の違いは「非特異的か特異的か」です。

 

特異的とは?

特定の異物に対して、反応すること。反対に限定性がないことを非特異的という。

 

本来、生まれながらにある免疫を“自然免疫”といい、感染することによって得られた免疫を“獲得免疫”といいます。

 

生体防御で重要なポイント【3つ】

 

生体防御で押さえておきたいポイントは以下の3つです。

 

  • 第一段階の防御の種類を覚える
  • 自然免疫を覚える
  • 獲得免疫を覚える

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

第一段階の防御の種類を覚える

 

第一段階の3種類の防御にどのようなものがあるかを押さえましょう。

 

そして、その防御は、具体的に何があるかをセットで覚えておきます。例えば下記のとおり。

 

異物の侵入阻止バリアの覚え方の例

  • 防御の種類:化学的的防御
  • 防御の例:リゾチーム(汗、鼻水、涙に含まれ、細菌の細胞壁を分解する)

 

他に、物理的防御と生物的防御についても同じように覚えておきましょう。上記で説明したもので大丈夫です。

 

自然免疫を覚える

 

次に、「自然免疫」がどのようなものかを覚えていきます。具体的には以下の点について覚えておきます。

 

自然免疫で押さえたいポイント

  • 「自然免疫」とはなにか
  • 「自然免疫」で働く白血球
  • 異物を攻撃するしくみ

 

「自然免疫」については、上記のポイントを押さえつつ、勉強していきましょう。なお、「自然免疫」について詳しく知りたい方は、【生物基礎】自然免疫とは?【意味・仕組みをわかりやすく解説】をご覧ください。

 

また、「自然免疫」で働く白血球はすべて食細胞です。食細胞について詳しく知りたい方は【生物基礎】食細胞とは?【種類・仕組みをわかりやすく解説】をご覧ください。

 

獲得免疫を覚える

 

最後に獲得免疫について、どのようなものかを押さえていきます。具体的には、以下のポイントを押さえておきましょう

 

獲得免疫で押さえたいポイント

  • 獲得免疫とはなにか?(2種類ある)
  • 獲得免疫で働く細胞を押さえる
  • 2種類ある獲得免疫の反応の流れを押さえる

 

上記のポイントを押さえながら、「獲得免疫」を勉強していってください。なお、「獲得免疫」について網羅的に知りたい方は【生物基礎】獲得免疫とは?【意味・仕組みをわかりやすく解説】をご覧ください。

まとめ

 

というわけで今回は以上となります。繰り返しですが、生体防御には3段階ありましたね。具体的に何があったのかは下の図にまとめておきます。

 

 

生体防御の全体的なイメージを掴むことができたら、次は、免疫について勉強していきましょう。免疫の勉強については【生物基礎の免疫をマスター】覚え方のまとめ【初学者向け】でロードマップを公開しているので、ぜひ、参考に活用してみてください。

 

本記事が生物の勉強に役立てれば幸いです。頑張ってくださいね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました