【今後意識したい】質か量かどっちが大事なのか問題について。

f:id:keitoh0626:20191011224251j:plain

 

どーも。おは、こんにちは!Keitoです。

 

 

今回は、「質か量か結局どっちが大事なのか?」について論じたいと思います。

 

 

この話題に関して、昔からもそうですが、最近はいろんなインフルエンサーがどちらが大切なのかという話をしてます。

 

 

たとえば、ブログの記事を例にしてあげますと、

 

 

たくさん書いた方が良いのか、質のいい記事を書いた方が良いのか。

 

 

みたいなのがありますよね。

 

 

成果を出すには、「質か量どちらが大事なのか」と言うのは、避けては通れない道だと思います。

 

 

今回は、僕なりの考えですが、質と量どちらが大事なのか紹介したいともいます。

 

 

具体的には、

 

  • 質と量どちらが大事なのか?
  • 「移動」を使った質と量の例
  • 量派の人の主張
  • 質派の人の主張

 

 

ちなみに僕はあまりできていない気がするので、今後意識していきたいと思っています。

 

 

 

 

質と量どちらが大事なのか?

 

 

結論から申し上げますと、

 

 

たくさん量をしなければいけないが質も高めていかないといけない

 

 

です。

 

 

まぁ、つまりどっちも大事だということですね。笑

 

 

いろいろなインフルエンサーを見ていると、

 

 

「質だけを高めればいい」や、「質はいいからとにかく量をすればいい」

 

 

みたいな、0か100かの結論がとても多いです。

 

 

しかし、これをよく考えてるとおかしな話で、例えば以下の場合を考えてみましょう。

 

 

  • 数行の記事を一万記事作成する
  • とても質の高い記事を一年に1記事作成する

 

 

ブログの収益化を目的とした時、この両方だと、到底収益化は無理ですよね…

 

 

つまり、

 

 

どうやってクオリティの高い記事を作成しつつ、量を生産していくか

 

 

ということになりますね。

 

移動に当てはめるととても分かりやすい!

 

例えば、移動に当てはめて考えてみましょう。

 

 

移動に当てはめたとき、量と質を以下のような概念とします。

 

 

  • 質=時速
  • 量=移動するのにかけた時間

 

 

例えば、Aさんは、時速4kmで歩いていきました。そして、10時間歩いたとします。

 Aさんの移動した距離は、合計で40kmになりますよね。

 

 

また、Bさんは時速70kmで5時間進んだとします。

Bさんの移動した距離は350kmになりますね。

 

 

つまり、Aさんの場合は、

 

頑張って12時間をかけて歩いた=量が多い

時速5kmしか進まない=質が低い

 

ということになります。

 

 

また、Bさんの場合は、

 

5時間しか移動してない=量が少ない

時速70kmも進む=質が高い

 

ということになります。

 

 

同じ努力量でも、進んだ量が違う人っていうのは、少しの努力で目的地に近づくことができることになりますね。

 

 

質だけを高めれば良いという人は、時速200kmの出るスーパーカーを買ったけど、一度も運転してないから、結局目的地にはいけませんということですね。

 

 

質だけ派の人は、車も整備してすごく質を高めたが、全然アクセルを踏まずに行動しない人のことです。

 

 

反対に量だけ派の人は、「いや、とりあえず歩いていけばいいでしょ!」や「とりあえず行動でしょ!」のように

 

 

とりあえず行動して、進む量は遅いけど、数で勝負するという人のことです。

 

 

量派の人の主張

 

次に量派、質派のそれぞれの人の主張について述べていきます。

 

 

まず、量派の人の主張は、

 

 

「量をやっていけば質はどんどん高まっていく」

 

 

という方が多いです。

 

 

ブロガーさんでも、

 

 

「まず、100記事書きましょう」と「まず200記事書きましょう」とおっしゃられる人は、

 

 

「とにかくやっていけば、効率の良い方法が見つかりますよ」という意見が多かったりします。

 

 

「とりあえず歩き出す」の人でも、「これ時間かかるから、バイクがいいかも…いや車の方がいいかな?」のように、ちょっとずつスピードアップしていけるならいいと思います。

 

 

質派の人の主張

 

次に、質派の人の主張は、

 

 

「最初に後れを取ったとしても後から早い」

 

 

という方が多いです。

 

 

車を整備しておけば、多少遅れを取ったとしても、多少遅れたとしても早いということになりますね。

 

 

これから成果を出すには 

 

やはり、なんといってもゴールは成果を出すことだと思います。

 

 

そんな時、質を高め、量も投下しなければいけません。

 

 

そこで最後に、質・量それぞれの高め方について紹介します。

 

 

僕の意見になってしましますが、

 

 

質=知識

 

 

だと思います。やり方を知っているか知っていないかで、行動の質は変わってきます。

 

 

 

そして、知識を入れるには、早めに教材を買うなりして、先駆者が経験してきたことを学ぶべきだと思います。

 

 

もう答えが出てるわけですから、noteや本を購入して勉強します。

 

 

もうこの段階で、新幹線や車が手に入ったことになりますね。

 

 

ここで、とても重要なこととして、

 

 

自分で質を高めようとしない

 

 

ということです。

 

 

最初に知識投資で、質というのを高めてしまいます。

 

 

自分で車を組み立てるのではなく、いい車を買ってきた方が早いですもんね。

 

 

そして、知識を入れることができたら、次にアクセルを踏んでいきます。

 

 

ここでも注意点があり、最初の段階でアクセルを全快にしないということです。

 

 

やはり、最初から100kmを出すのはこわいので、

 

 

一番好ましいのは、

 

 

最初の段階は、ある程度質を担保しつつ、徐々にアクセルを踏み込んで質を高めていく。

 

 

ことができれば、最も手っ取り早いのではないかなと思います。

 

 

自己投資をして質を高めつつ、後は努力で勝負ということになりますね。

 

 

 

質か量かどっちが大事なのか問題について。まとめ

 

今回は、昔から議論されている「質と量どちらが大事なのか」について僕なりの考えを述べました。

 

 

結局、質か量、どっちかに長けていてはダメだということです。

 

 

両方を組み合わせることが大事で、また、質という部分はお金で買えたり、人に教えてもらったりすることができます。

 

 

ブログや自分の本業において、やはり成果は出てほしいですもんね。

 

 

今回の記事で、少しでも皆さんの人生が良くなれば嬉しいです。

 

 

さて、僕もこれから勉強して質を高めていきますね。笑

 

 

今回も最後までありがとうございました。